ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ICOって何?危険な案件回避術!誰でもわかる仮想通貨通信教育

副業

ICOって何?危険な案件回避術!誰でもわかる仮想通貨通信教育
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

仮想通貨のICOって何?危険な案件回避リテラシー

こんにちは。

ノマドロジーのBeach(ビーチ)です。

今回は、最近仮想通貨用語でよく耳にする「ico」について調べました。


もうすでにICOなんて知ってるよ~!

というあなたは、ここはそっとスルーしてくださいね。


このキュレーションサイト内にはハイレベルな仮想通貨の記事が
たくさんあるので、そちらをご覧くださいね。



このページは、仮想通貨の安全性を謳ったり、仮想通貨の売買を推奨
したり、また「危険・詐欺・怪しい」という一言で批判や誹謗をしたり
という主旨ではありません。


わたくしが、経験上知り得る範囲において客観的な視点で書いています。


今やあのビットコインの価値が上がり大ブームといわれる仮想通貨について、
いったいどんなものだろう?


と思っているあなたの目にとまり、参考になればさいわいです。

【ICOってなんの略語?】


安心してください㋧

誰でもわかりやすく解説していきます!


ICOとは...

『Initial coin offering』(イニシャル・コイン・オファリング)
略して『ICO』(アイ・シー・オー)と呼ばれています。


これは暗号通貨(仮想通貨)の発行によるクラウドファンディングのことです。


クラウドファンディングとは:(CrowdFunding)。

群衆(Crowd)と 資金調達(Funding)という言葉を組み合わせた造語です。



具体的には「こんなモノやサービス作りをしたい」とか、
「世の中や社会問題を、こんなふうに解決したい」といった発想や研究課題、
計画を持つ起案者が、世の中に呼びかけ共感した人から広く資金を集める方法です。


専用のインターネットサイトを通じて、行われることが多く見受けられます。



では、このICOについてはどのようなときに行われるのかというと、

一般的に新しい暗号通貨(仮想通貨)を開発するための資金調達手段として、暗号通貨(仮想通貨)がリリース(発表公開)される前に実施されます。

【用語解説:トークンとICOについて】

これから、今回の表題ICOのメリット・デメリットについても書いていきますが
その前にひとつ、おさえておきたい仮想通貨の関連用語のトークンについて
説明します。


ICOを行う、もしくはICOに出資(購入)をするうえで、必ず知って
おかなければならない概念として「トークン」というものがあります。


トークン(token):証拠、記念品、代用貨幣、引換券、商品券などの意味を持つ英単語。仮想通貨の中では「代用貨幣」という意味で使われています。


分かりやすく伝えるために少々強引にまとめた表現になりますが、

ICOとトークンの関連性とはつまり、

企業がトークンを「発行・販売」し、「経営・開発費用を得る」方法を「ICO」と呼びます。

【ICO参加者のデメリット】

ICOで発行されるトークンというのは、ICO時点では無価値と言われています。

よく考えてみれば、それはたしかにそうだとうなづけますね。

企画や開発が成功するかどうかの確約はないのですから、ある意味夢や宝くじを買うような感じかもしれません。


そのため、ICO参加者は「投資家」ではなく、「購入者」「出資者」と呼ばれます。


ただこれは、ICO時点でトークンが上場していないため、値がついていないのですから対価としては無価値と言われてしまいます。


また、上場するまでの期間が長くなることもあります。

そうなると不安感もでてきますし、資金が拘束される期間も長くなってハラハラドキドキしてしまいます。


実は私も一口の夢を購入したので、ハラハラ♡ドキドキ♪待ちです(笑)

【ICO参加者のメリット】

デメリットの反対はメリットになります。

上記でデメリットを書きましたが、出資したトークンがどこかの仮想通貨の取引所に上場すれば、価値が出ます。


つまり、トークンに出資(購入)することによってその企画や開発が成功して、トークンの時価が上がる事が最も大きなメリットになると言えます。


また、ICOの先行販売(プレセール)では購入が早ければ早いほど安くそのトークンを購入できるものが多いです。


ですから、安くトークンを購入できるというのもメリットの一つにあげられます。

ただし、この場合出資が一口単位となっているので、ある程度まとまった資金は必要です。


あとは、ICOで取得したトークンを利用して開発されたサービスを利用するといこともできます。

中には、そのサービスを利用したいから応援の意味もこめて出資する、という考え方もICOの一つの在り方だといわれています。

【ICO注意点とまとめ】

結論からいうと、ようは先行販売取引なので時価が下がりプラスになるどころかマイナスになる事があります。


この方式の特性上、詐欺が起こり得る可能性は捨てきれません。

具体的にいうと、

ICOはサービス開発前に資金を集めるわけなので、実際には”開発が行われない”、”実現可能な技術がそもそも無い”、といったICOも存在する場合があります。

どういうことかというと、

資金を集めて逃げてしまうICO実施者も有り得るということです。

ですので、参加する際には注意が必要ということです。



おどろかせてしまったかもしれませんね!
失礼しました!!


こういった、リスクを回避するにはやはり事前に知識(リテラシー)を持つことがベストです。


ICOに出資の際は、事前の知識と情報収集は十分に行って、必ず余裕資金を持った上で参加するようにしましょう。

仮想通貨の関連記事



最後までお読みいただきまことにありがとうございます♪

50代主婦の副業奮闘記筆者のBeachでした。

今後ともよろしくお願いいたします。

あなたやあなたのお友達にちょっとでも役に立ちそうだなと、
感じてもらえてシェアやブックマークなどして頂けたらとても
光栄で励みになります♪


それでは、ごきげんよう!

↓ご覧のキュレーションが無料・簡単・誰でも作れます↓

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin